ただ、走るだけ。いつまでも

ただただ走ってます。いつかはサブ3.5。

峠走のための標高と距離計測Webサイトを調べてみる。

みなさんおつかれさまです。

 

岩本式メニューも5週目からは岩本能史コーチ推奨の峠走が始まります。岩本コーチのオススメは足柄峠なんですが、こちらはさいたま居住なので、なかなか行けません。

 

そうすると自分でコースを探すんですが、その時に頼りになるのが標高差の分かる地図のWebサービス。PC(Mac)版で調べてみました。

と言うのは、オクムを走った時、GoogleMapで標高を見て走ったんですが、標高図のイメージよりも厳しかったので、他のサービスも見た方が良いかなって思ったんです。

ちなみに、画像の標高図は、全てオクムの毛呂山総合公園から顔振峠までのルートです。ガーミンの標高図はこんな感じ。

f:id:yoneba_1717:20180914204811p:plain

それでは、どうぞ。

 

1 GoogleMap

Google マップ

位置指定方法:始点と終点の指定でルートを自動設定。終点は追加可能(10ヶ所)。順序入替可能。

ルート変更:可能。ルート途中のドラッグ&ドロップ

地図:GoogleMap

みなさんご存知のGoogleMap。

良い点は、なんと言ってもルート変更が簡単。徒歩モードにすると起伏が表示されます。ただし、道の無いところはルートを作れません。

f:id:yoneba_1717:20180913065055p:plain

イマイチな点は、起伏が見た目、優しく表示されます。オクムの上ったり下ったりがあまり目立たないです。また、標高グラフ上でマウスを動かすと地図上でも動くんですが、標高の値は出ません。分かるのは最低点と最高点だけです。

2 Yahoo!地図

map.yahoo.co.jp

位置指定方法;始点と終点の指定

ルート変更:ルート途中のドラッグ&ドロップ

地図:Yahoo地図

良い点ですが、YahooもカーナビではGoogleを超えているっていう話もありますが、ルート検索はGoogleと同じくらいの便利ですね。ルート変更は簡単です。こちらもルート検索が主な機能なので、GoogleMapと同じように道の無いところに線は引けません。

f:id:yoneba_1717:20180914064646p:plain

イマイチな点は、標高グラフがダメダメです。どうも7.5km以上は表示できないみたいです。グラフの形も実際と違います。縦軸に表示されている数字も意味不明ですね。ここはまだまだ改善の余地がありそうです。

3 Mapionキョリ測

www.mapion.co.jp

位置指定方法:ポイントの順次クリック。クリック点の直線距離計測。ルート検索機能は無し。

ルート変更:一点ごとに戻して修正するか、結ばれた直線をドラッグ&ドロップすると、新たなポイントを追加することができる。

地図:Mapion

良い点は、マウスをクリックしていくと、クリックした場所を直線で結んで距離を図っていきます。ですので、地図上で道の無い場所にもルートを作れます。また、標高グラフもかなり正確で、標高グラフ上をマウスオーバーすると、標高が表示されます。また、地図上に場所が表示されます。

f:id:yoneba_1717:20180913065611p:plain

イマイチな点は、これ、仕方ないんですが、山道だと道が曲がっているのでクリックするポイントが増えて、ルートを作るのがかなり面倒です。 

 

4 地理院地図

maps.gsi.go.jp

位置指定方法:ポイントの順次クリック。クリック点の直線距離計測

ルート変更:不可。全体をクリアする。

地図:国土地理院地形図

良い点は、国土地理院の地形図なので、標高線が明確になっていて、地図が見やすいです。標高図も縮尺がちょうどわかりやすい。さすが国土地理院って思います。また、作ったルートはkmlファイルで保存できます。

f:id:yoneba_1717:20180914064338p:plain

イマイチな点は、ルート変更ができない。全消しするしか無いです。

5 ルートラボ

 

位置指定方法:ポイントのクリック。ポイント間はルート検索するモードと

直線で結ぶモードあり。

ルート変更:一点ごとに戻して修正。クリックした点をドラッグすることも可能です。

地図:Yahoo地図と国土地理院地形図選択可能

良い点は、地図が選択可能。地形図が使えます。また、ルートを作る時に、クリックごとにルート検索をするか、直線で結ぶかを決められます。

作ったルートはエクスポート可能です。ガーミンのコース機能にも取り込めます。また、様々なデータのインポートも可能です。まあ、かなり万能です。

標高グラフもまあ正確っぽいです。標高グラフの上でクリックすると、地図にその場所が表示され、標高がグラフ上に表示されます。標高グラフの上をドラッグするとその区間の高低差や距離が表示されます。

f:id:yoneba_1717:20180914064755p:plain

イマイチな点はあまり感じられなかったんですが、ルート変更が少しやりにくい。クリックした点を動かすしか無いのが少し不自由です。

6 みんなの知識ちょっと便利帳

www.benricho.org

位置指定方法:順次クリック。ポイント間はルート検索するモード(自動車、自転車、徒歩モードあり)と直線で結ぶモードあり。

ルート変更:順次クリックしたポイントをドラッグ&ドロップ。クリックは10点まで。

地図:GoogleMap

 かなりマイナーなサービスです。GoogleMapでの自動ルート検索とポイント間の直線でのルート設定を選択できます。

地図クリックは10箇所までで、そのクリック点を動かすことでルート変更できます。標高図も見やすくてわかりやすいです。

f:id:yoneba_1717:20180914065020p:plain

イマイチなのは、ルートの保存はできません。その都度作ることになります。簡易的なツールですね。

 

というわけで、今のところは、GoogleMapで適当にルートを作って、ルートラボで標高を見るのが良いんですかね。少し試して見たいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村