ただ、走るだけ。いつまでも

ただただ走ってます。いつかはサブ3.5。

柴又60kmレポその2〜30kmまで〜

みなさんおつかれさまです。

 

昨日は休みを取れたのでゆっくり回復できたつもりでしたが、今日は会社がつらい。ちょっとした階段での移動とか会議室への移動がツライ。

レポの前に気象庁アメダスの記録。コースに一番近いと思われる埼玉県越谷市。まあ、こんな気温だと厳しいですねー

f:id:yoneba_1717:20180604214522p:plain

 

さて、レポその2です。と言っても行けども行けども景色が変わらないので、写真少なめです。

 

いよいよスタート。

葛飾区長の号砲でスタートです。こちらも3人で気合いを入れてスタート。

 

1〜5km

f:id:yoneba_1717:20180605200833p:plain

スタートしてしばらくは堤防下の道路を走って行きます。川のすぐ近くを通ることもあり、涼しい風が吹きます。おいやんさんはあっという間に視界から消え、しばらく並走していただいたMacRunさんとも離れ、置いていかれます。まあ、タイムを狙う訳でもなし、焦らずのんびり行きます。「フルとは違うんだよフルとは」という気持ちで進みます。

でも、キロ6分30秒を心に誓ったつもりが5分55秒。いかんな〜突っ込んで撃沈というフルの失敗を辿っている。

レースの前日に開通したばかりの外環道千葉区間をくぐったら堤防の上に上がります。見晴らしが良くなりますが日差しがさらに強く感じられます。

この辺りはまだランナーが多いです。でも、フルマラソンのような無理に追い抜く人は皆無です。いい雰囲気です。ウルトラっていいですねー

 

f:id:yoneba_1717:20180605052317j:plain

 

5〜10km

f:id:yoneba_1717:20180605200910p:plain

堤防に沿って右に左にゆったりと曲がりながら江戸川沿いを上流に向かいます。

すんごい単調だな〜って思った頃に往路のスイカ給水所。ここはスイカ一切れをいただいて先に向かいます。

武蔵野線の鉄橋が見えて来たところで10km。キロ6分5秒。やっと落ち着いて来た。もう少し落とさないとな。

f:id:yoneba_1717:20180605052428j:image

 

10km〜15km

f:id:yoneba_1717:20180605201034p:plain

JR武蔵野線の高架をくぐるために堤防の下に降ります。ここで、ブログ界の有名人カオナシさんが応援に来ています。はてブロ頑張れーって応援をいただきました。

おー有名なものをリアルで見た。やっぱり都会のレースは違うな〜って思いながら声援に応えて通過します。ありがたいです。応援のためにこんなところに来ていただけるとは。

常磐道をくぐって15km。キロ6分14秒。まだ大丈夫。もう少し行けそう。

f:id:yoneba_1717:20180605052543j:image

 

15km〜20km

f:id:yoneba_1717:20180605201124p:plain

かなり熱が体に溜まって来た。いやーな感じがする。まあ、こんな日に日陰のない河川敷を走るって狂気の沙汰だよな。

この辺は風が追い風。体感風速0m。これはキツイ。どんどん熱が蓄積していくー。エイドでかぶり水をいただいて休息を入れながら進んでいく。

これはスピードレースでなく、耐久レースだって痛感←何をいまさら。

トイレに行ったこともありキロ6分31秒。だいぶ落ちてきた。

 

20km〜25km

f:id:yoneba_1717:20180605201242p:plain

かなり意識が朦朧としながらも次のエイドを求めてとぼとぼ走っていく。いちおうまだ走れてはいるけど、走るっていうようなスピードではない。それでも人を抜けるのだからこのレースは過酷なんだろう。

この辺りから歩いている人が結構多くなる。自分ももう限界。半分もいってないのに・・・って思うが、どうなるもんでもない。さくせんは「いのちだいじに」で行こう。

25kmくらいのエイドで先行されていたMacRunさんと出会う。厳しいですねって会話して、かぶり水をしているうちに先行されました。自分ももう少し頑張ろう。

この5kmはキロ6分59秒。しんどい。

 

25km〜30km

f:id:yoneba_1717:20180605201326p:plain

もう少し進むとアミノバイタルのエイドがあるはず。しかし、この辺からだんだん気分が悪くなる。エイドで水やスポドリを飲むと気分が悪くなる。軽くオエってなる感じ。でも道端に倒れこんでどうこうするほどでもない。

でも、口は異常に乾く体には水分が足りてない。これは、やばいヤツだーってことで、まだ水分を口にできているので、水を飲んで、気分の悪さが治るまで歩いて吸収を促すことにする。

いや〜しんどい。

この辺でおいやんさんとスライド。速い〜と思う。どんなタイムでゴールするのかと思って見てました。

そんな感じで歩いたり走ったりといった感じで進んでいると、走路の反対側から呼ぶ声がする。バンビさんでした。応援ありがとうございます。とりあえず、返事をして、復路でこの辺を通るときには少なくとも走ってはいようと心に決める。見栄を張ってるだけです。

東武線の高架下でアミノバイタルをいただき、歩きながらとりあえず飲んでみる。ちょっと気持ち悪いのは継続しているけど、吸収はされているように感じる。エイドで水をかぶって少し走ったら、ちょうど土手に登る坂道だったので、すぐだけど歩いて吸収を助ける。これが効いたのか口の異常な乾きは癒されてきた。カッコよくいうとウォークブレイクが効いたのか。

で、国道16号を過ぎて、ようやく折り返し。折り返し地点はまだ30kmに届かず、ちょっと戻って30km。折り返し地点に計測マットが無かったので、反対側の30kmのマットで折り返せば良かったと、とんでもなくセコイことを考えながらも進む。いちおうズルはしなかった証拠写真

この5kmはキロ7分26秒。だいぶヘタってきたな〜

f:id:yoneba_1717:20180605052716j:image


f:id:yoneba_1717:20180605052722j:image

ようやく半分。まだ続きます。

 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村