ただ、走るだけ。いつまでも

ただただ走ってます。いつかはサブ3.5。

KeyMission80のルート撮影で走ったら微妙過ぎた話

みなさんおつかれさまです。

 

昨日、今日と長めのジョグで走り続けられる脚を作ろうとトレーニングしてます。

今日は16km。100分ジョグに行きました。

f:id:yoneba_1717:20180513133346j:image

これで週末で56km。スタミナを鍛えたいです。

 

☆★☆

 

この2日間、KeyMission80で、ルート撮影機能を試してみました。土曜日はリュックを背負って走ったのでリュックの肩紐に専用ホルダーをつけて30分ほど。カメラの充電が不足していて、途中で切れました(T . T)

今日はウェストポーチだったので、ポーチのベルトにくくりつけて1時間ほど試しました。

ちなみにルート撮影機能というのは、専用ホルダーにカメラをつけておくと、設定した時間内に100回自動でシャッターが切られるという自動撮影機能です。意識せずルートの記録が取れるという感じで使うようですね。

撮影写真

で、まず結果。

まず土曜日はこんな写真が大量に撮れました。

f:id:yoneba_1717:20180513161326j:image

汚い手が写ってすいません。リュックの紐につけて普通に腕を振ると50%の確率でレンズの前に手が出るというのは分かります。ま、当然ですね。かなり上の方につけないとこうなるんですね。学習しました。

 

日曜日はウェストポーチにくくりつけました。腰の位置なので、腕の写り込みはほとんどありませんでした。朝のうちはそこそこの天気だったこともあり、まあまあの写りでした。

f:id:yoneba_1717:20180513161533j:image

ルート撮影の使い方

使い方は簡単。

カメラのメニューからルート撮影機能を選択して、撮影時間を設定します。最低30分、最高9時間半。これで専用ホルダーにセットするとインターバル撮影が開始されます。枚数は100枚。バッテリーが満充電の時に200枚撮影可能なので、余裕があります。

専用ホルダーは撮影したい方向を向いている必要があります(当たり前)。縦位置でも横位置でも撮影が可能です。ちなみに縦位置が横長の写真、横位置だと縦長の写真でスマホのカメラ機能とは逆です。

撮影中も普通にホルダーからカメラを外して撮影可能です。その時にはルート撮影は中断されます。また、カメラの残り撮影可能枚数は9999枚と表示され、機能していないようです。まあ、16GBのカードだから4,000枚くらい撮影できるので普通に大丈夫そうです。

f:id:yoneba_1717:20180513161754j:image

ルート撮影の中断は、最初のメニューからルート撮影機能を選択するとキャンセルが可能です。途中までの画像は保存されます。

 

イマイチなところ

それで、微妙すぎる点。

1 ボケる

ルート撮影機能を使っている時には、手ブレ補正がOFFになります。さらにオートフォーカスもOFFになって固定焦点になります。そうするとピンボケ、手ブレ写真が量産されます。走っていると当たり前にシャッターが降りる時に動いているのですよね。

また、薄暗いとまあブレてます。なんとなく走って撮るのを想定していと思います。まあ、走りながらブレないというと、よほど高感度でないと無理ですね。

 

2 GPSの記録が取れない

このカメラでは撮影場所を記録できます。でも本体にはGPSは搭載されておらず、スマホGPSを連携アプリのSnapBridge経由で連携するようです。カメラにGPSチップが搭載されれば良いんですが、チップの起動とGPS捕捉に時間がかかると意味が無いので、これで良いのかもしれません。

アプリの起動中のiPhoneの画面はこんな感じになります。

f:id:yoneba_1717:20180513160913j:image

でも、でもですよ、この機能がルート撮影中には機能しません。スマホでアプリが起動していてもダメです。そんな仕様みたいです。

なので、せっかくのルート撮影機能なのに地図上に撮影したルートが残らない。というなんとも微妙な感じになります。ルート撮影なんだから、ルートが分かるようにしろよって思います。

もう、これは回避しようがないので、ときどきホルダーから外して手持ち撮影をする。そうすると、その写真にはスマホと連携されれば、位置情報が記録されるので、目安にする。

 

3 枚数が多すぎる

設定した時間内で100枚を撮影するという機能です。最低30分から設定できます。例えば30分だと18秒に1枚のペースで撮影を続けることになります。そうするとランですからほぼ変わらない構図の写真が何枚も撮影されてしまいます。これだと後で見直しても退屈ですね。

後で気づいたんですが、設定時間を長くしてやれば間隔が決まる。最高の9時間半にすると、100枚で1枚あたり5分42秒間隔。撮影間隔を決めて、それに応じた設定時間を設定する。3分に1枚なら5時間としておけばよくて、それは撮影したい時間以上であれば、行程時間以上でもいい。撮影が終わればそこでルート撮影をキャンセルすればいい。

というか、最初から撮影間隔でもセットできるようにしてくれればいいのに。

 

4 縦横が狂う

普通に撮影するとカメラが縦か横かを判別してくれるのですが、これ、かなりの割合でうまく認識してくれません。特に横位置にすると90度横を向いた写真が大量にスマホに転送されます。

 

5 スマホに自動転送されない。

専用ホルダーにセットしているとスマホへのBluetoothでの写真転送が行われません。なので、ルート撮影中も写真転送がされないんです。

撮影終了後に転送が必要です。100枚あるので、めんどくさい。

 

 

どれも、ソフトウェアで対応が可能な気がするんだけどな〜

NIKONさん、もう少しだけ対応するともっと使い勝手がよくなると思うんですよね。ルート撮影で地図に写真が並ぶと良いと思うし、訴求点にもなると思うんだけどなー。まあ、バッテリーの持ちは満足できているので、対応しても良いと思う。

 

KeyMission80のレビューはもう少しだけ続きます。

yoneba-1717.hatenablog.com

yoneba-1717.hatenablog.com

 

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村