読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ、走るだけ。いつまでも

ただただ走ってます。いつかはサブ3.5。

花見ランと心拍計についていまさら分かったこと

昨日は冷たい雨で、ちょっと止んだすき間にラン。しかし、ぜんっぜん調子に乗れずに16kmほどを走ってきた。

今日はようやく晴れたので、桜はまだ早そうだけど、花見ジョグ。東浦和駅から芝川サイクリングロードに入って、川口市と足立区の境界地点まで往復ジョグ。

芝川沿いは、菜の花が満開。堤防を黄色く彩る。

f:id:yoneba_1717:20170402172646j:plain

こんな感じの堤防上をずっと走って往復してきて、見沼通船堀まで戻ってきます。通船堀の土手はハナダイコンが満開。もう少しで満開になりそうな桜の名脇役です。

f:id:yoneba_1717:20170402172828j:plain

小道の反対側では、木瓜の花が満開でした。

f:id:yoneba_1717:20170402172907j:plain

桜はまだまだこれからでしたが、花を楽しむキロ6分ジョグ22kmでした。

 

で、走りながら気づいたこと。

これまで、FA225Jで心拍数を計りながら走っていたんですが、心拍数のグラフがこんな風になることが多かったんです。

f:id:yoneba_1717:20170402173058p:plain

ちょうど真ん中くらいで、心拍数が100を切っているのに直後に跳ね上がっているんです。もちろん、ずっと同じくらいのスピードで走っているので、自分の心臓が異常なのかと心配していたんです。

今日、ちょっと試しに時計の部分を手の内側にしてみました。最近はそうでも無いんでしょうけど、女性が腕時計をするようなイメージです。これで走ってみたら、このような現象は起こりませんでした。ちょっと見にくいのが難ですが、少しこれでどうなるかしばらく試してみようと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村