ただ、走るだけ。いつまでも

ただただ走ってます。いつかはサブ3.5。

古河はなももマラソンの記録〜その1〜

3月12日に古河はなももマラソンに参加してきました。

その時の覚え書きです。

大会前

朝6時過ぎの電車で出発。浦和駅宇都宮線に乗り換える。ここで座れなければ、大宮で大宮始発の電車に乗ろうと思った。運良く空いている席を見つけて座る。そのまま古河へ向かう。

古河駅で多くの人が降りるが、去年参加された方のジョグノートを見ると、どうも野木駅の方がいいらしい。

野木駅が良いポイント。1空いていて駅でトイレにも行ける。2シャトルバス乗り場まで近い。

ということなので、迷わずもうひと駅先の野木駅へ向かう。野木駅到着は7時15分頃。

確かに野木駅は混雑しておらず、まず、トイレに向かい、その後はシャトルバス乗り場へ向かう。シャトルバス乗り場は駅からすぐ。何台もバスが並んでいる。待つこと無くバスに乗って会場に向かう。驚いたことにバスガイドさんから大会会場の案内があった。

20分ほどバスに揺られて会場入り。まだ8時前。スタートまで2時間ある。実は2日ほど前からノドが痛い。マスクをして会場入り。陸上競技場に向かって受付を済ませる。Tシャツの受取を先にするよう誘導され、それに従って進む。まだ時間が早いのかとてもスムーズ。

着替えるために体育館に向かう。いい天気になりそう。服装は上半身はTシャツ(ジップアップ)、フラッドラッシュスキンメッシュ、手袋、アームカバー。下は短パンとゲーターで行く。朝はまだ寒いのでスタートまではゴミ袋をかぶっておく。

体育館で持ってきたパンと自作粉飴ジェルを食べる。粉飴ジェルはクエン酸を入れすぎて飲み物なしでは吸えない。これは失敗。

そんなことをしているうちに9時近くになり、体育館も混雑してきた。荷物をまとめて手荷物を預けに行く。

手荷物預けは陸上競技場の隣にあるサッカー場。9時前だと、まだそんなに混んでいない。手荷物預けは有料(200円)。1ヶ所のみの入口から入って、ビニール袋(普通の半透明のゴミ袋っぽい)と口を縛るナイロンテープをもらい、カバンを袋に入れる。預けるスペースはサッカー場にビニールテープで仕切っただけの場所。下は土。晴れてるから良かったけど、これ、雨の日だと最悪。せめてテントをセットしてほしいなあ。

まだ、スタートまで1時間ある。トイレに2回行って、合間に軽くアップしていると9時40分になったので、スタート位置に移動。

今回はIブロック。この大会はブロックの区切りが細かくてAからUくらいまである。Iブロックはぎりぎり公園から出て、道路からスタート。最高の天気で風も弱い。喉が痛いのだけが気にかかるが、まあ、どうなるもんでもなし。行くだけ行こうと決めてスタート時間を待つ。(つづきます)

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

 

yoneba-1717.hatenablog.com

 

 

yoneba-1717.hatenablog.com

 

 

yoneba-1717.hatenablog.com